≪05  2017-06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プットオプションを売った理由
最近の市場動向が自分なりに見えてきました。
今回のSQの攻防、日経の調整の理由、
自分なりに納得できる答えが見つかりました。
久しぶりの長文です。続きからどうぞ

 
 欧州系の年金ファンドの買い観測が囁かれています。少し前にもありました。どこかでコメントを書いた記憶があるので探してみると、7/4日の記事、返信コメントの中に年金ファンドについて私がコメントしている1文を見つけました。抜き出します。
「クレディスイスの先物売りと欧州年金ファンドの買いに関係が有れば、クレディスイスの先物買戻しが期待できる=日経上昇トレンド継続も成り立つと思っているのですが・・・」
 この時はまだ、クレディスイスと欧州年金ファンドの関係に確信が持てませんでしたが、今回で2回目です。さすがに無関係では無いでしょう。
 ここ数週間、クレディスイスは一貫してトピックス先物を売り越しています。日経を売り崩していた売り本尊の一角はクレディスイスであり、上値に蓋をしていたのも彼らです。7月前半と状況が似ていますね。7月は勢いがついて9000円まで調整が入りましたが、結局上昇トレンドは継続し10000円を突破していく事になりました。要するに、クレディスイスの先物売りは年金ファンドが安く現物を仕込む為の手口なんですね。今回はトピックス先物での売り崩しなので、おそらくトピックス銘柄中心に仕入れているハズです。

 この状況を利用し、プットオプションをたんまり売ったのがゴールドマンサックスなのですが、彼らのポジションも実に理にかなっています。簡単に説明すると、国慶節で上海が休場のうちに商品を吊り上げたわけですが、その相乗効果としてダウや日経を支えたって感じでしょうか。中国政府が保有資産の配分を債権から商品にウェイトを切り替える動きが出てきました。そして中国の金の保有比率は他国と比べて依然低水準であり、国慶節あけに中国政府が金を買いに来るとの予測から、先に動いたわけです。保有比率を上げたい政府の思惑から、十分勝算があるとみているのでしょう。
 クレディスイスが本気で日経を売り崩す気が無い事も見越していますね。欧州年金ファンドが満足のいくポジションを取れればそれで終わりです。欧州の年金がすでに現物を仕入れ始めた以上、これ以上の売り崩しは考えにくく、逆にショートカバーが期待できます。

 これがゴールドマンサックスが9500プットを大量に売る事が出来た理由です。欲張った10000コールは紙屑になったようで、ざまぁみろですw 一見、危険なプット大量売りですが、蓋をあけてみれば落ちてる金を拾っていったようなもの。私もプット9500を売ろうとしましたが、ちょっと気づくのが遅れました。すでに安くなってましたので、リスクを背負って小銭を稼ぐ気になれず今回は見送りました。確信に近いものはあったんですけどねw

 以上の背景から、今回も結論を言えば押し目の可能性が高くなりました。欧州系ファンドが仕入れたであろう日経9700円台は堅いとみてのプット9500売りとなりました。クレディスイスのショートカバーもそのうち入り始めると予想します。ただ、あくまで下値が限定的となったという見方です。個人が捕まっている10200-10500ラインは依然として重く、ここを抜くには腰の入った買い主体が必要だと考えます。中間決算が期待できない日経にここを突破する材料があるのか疑問なのですが・・・突破する何かがどうもあるようです。商品(特に原油)が上がった事が背景にありそうですね。ここはまだ確信がもてないのですけど・・・日本企業の中間決算は不安だらけですが、必殺の折込済みが炸裂するハズですw

 ここまで全て私の妄想であり、何の根拠も無い事を付け加えておきます。手口、ポジション動向も全て推測の域を出ていません。投資は自己責任で。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

こんにちは
勉強になりました^^
クレディスイスの動きは以前から
警戒してますのでそのような裏が
ありそうならこちらも気持ちに余裕が
少し出てきます。株の世界ですから
絶対はないと思ってますので注意しながら
今後を見つめて行きたいと思います。
No title
>cherryblossomeさん

ただの妄想なのでw
あまり当てにしないでくださいね

あっさり9500を割ったら、笑って許してくださいw
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
プロフィール

Paku Paku

Author:Paku Paku
投資ツール 
松井証券(ネットストック)
取引 
GMOクリック証券
SBI証券

好きなアーティスト
猫叉マスター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。