≪07  2017-08/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渦中
ダウのプログラム買いは最後の30分間で
ダウ主要銘柄に買いが入っているそうです
よってダウだけが支えられ、全体を表すS&P500指数などは反応が弱かったりします

過去の特徴として
引け前30分間に観測できる事
2日連続して入る事は金曜日以外は稀である事
(逆に金曜日は高い確率でプログラム買いが入る)
ダウ30種のみに資金が入る事

ny_convert_20090711145926.jpg

↑今週のダウの日中足になります
月、水、金の引け際が非常に強く
火、木が弱いのが分かります

前々から1日おきに入ってるとは言われていたんですよね
これが火曜日に8300をあっさり割った理由か・・・
支えるとかそういう意識は無くて、もっと機械的な買いだったのかも
今までもずっとそうだったのかもしれませんね

かつて為替に介入した日銀(正確には日本政府、当時の谷垣財務大臣がGOサインを出したといわれる)は
1分おきに約10億円、期間にして32日間、24時間ドルを買い続けた
目的はヘッジファンドによる円高攻勢を排除する事
この介入でヘッジファンドは2000社が倒産したとも・・・
真偽は確認できませんが、30兆円以上の介入はあったとされています

機械的な一方通行の買い
現在、NYダウに入っている買いに同じ匂いを感じます
いつから、そしていつまで続くのでしょうね
それはいいとして、もはや韓国の介入くらい弱いのが気がかりですw
日銀砲には逆らいませんが、韓銀砲なら逆らう気も起きますw

為替の介入は過去に前例はありますが、
株式市場への介入ってのはあまり聞かないですね
(香港は東アジア経済危機時に為替と同時にやった事があります)
まぁ日本の年金買いも「公的」な株価下支えと言えますからね
米国政府が同様な手段をとっていても全くおかしくないわけです
ただ、日本の年金は一方通行な買いでは無いですけどw

ヘッジファンドは経済危機を狙って売り仕掛けをしてくる
それに対抗する手段として政府が市場に介入してくる
そんな市場の中で勝負している事を頭の隅においておくべきだと思いますね
私は今なお、サブプライム問題を引き金とした世界的な経済危機の渦中にいると認識しています

コメント残してくれると励みになります
読んだ方、感想をお待ちしております m(_ _)m



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

FC2カウンター
プロフィール

Paku Paku

Author:Paku Paku
投資ツール 
松井証券(ネットストック)
取引 
GMOクリック証券
SBI証券

好きなアーティスト
猫叉マスター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。